Jan
11
美しく聡明なナタリーとその夫フランソワは、出会ってから七年間、ずっと幸せに暮らしてきた。 しかし、ある日曜日、フランソワは交通事故で他界する。 残されたナタリーは、それ以来、仕事に打ち込んで生きてきた。 しかし、ある日その生活は、不器用で飾り気のないスウェーデン人マルキュスによって一変する。 数々の断章を交えた独特の手法で描き出される、ふたりの恋の行方は? フランスで高く評価されたベストセラー。オドレイ・トトゥ主演映画原作
自分が暮らしている日常と少しだけずれていて、けれどその違いに気付くことはほとんどなく
実際に起こりうる可能性のあるような物語に心が躍る。

僕たちが恋愛小説に求めるのはそんな世界観ではないだろうか。
ある日、往来で素敵な出会いがあったり、職場でゆっくりと恋が芽生えたり。

というか …続きを読む