武士道セブンティーン の書評・感想

そんな当てっこ剣道に、あたしたちの剣道が負けていいわきゃないだろうが!

武士道セブンティーン


早苗は成績重視・結果主義の剣道強豪高へ、
香織は個人主義から部に忠義を尽くし始める。
ふたりの武士道の時代(研究中)が幕を開けた?
新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、正面打ち二本目。

武士道シックスティーンの続編ですね。


2年生になり、親の仕事の都合で新天地、福岡に引っ越した早苗
後輩への指導や先輩との関わり方などに心境の変化が見える香織


この二人の視点で交互に物語が進んでいく形式はそのままなんですが
このナレーションの仕方がそれぞれ個性や考え方が良く出ていて面白い。


こーゆー書き方が好きです。


章が変る度にナレーションの言い回しやリズムが変わるので間延びせず最後まで読めると思う。


同じ状況でも、それぞれに感じ方や思う事があって、
そーゆー自分以外の視点を気付かせてくれる書き方が好きです。


内容紹介にもある【武士道の時代(研究中)】これが今回のテーマだと思う。


それぞれに玉竜旗や全国大会を目指し、稽古に励む日々を書いているんですが 稽古に明け暮れる日々の中で見い出すのは【武士道としての剣道】であって 勝つ事がすべてではないのではないか?


というような問題提起をされているように感じました。


もしも剣道がスポーツであるのならば全国大会で優勝することがすべてなのかもしれないし 対戦相手の研究をするのも良いのかもしれない。


でも剣道には他のスポーツにはない人格修養、精神修養など大切なことが沢山あり、 それはずっと続いてきた考え方であって近代化という発想によって簡単に変えていいものではないのではないか。


早苗は転校先の福岡南のエース黒岩レナを中心としたそんな「スポーツとして進化させた剣道」や
部内の人間関係になじめず力も発揮出来ず、香織に東松学園に帰りたいと打ち明ける。


けれど香織は


「そんな当てっこ剣道に、あたしたちの剣道が負けていいわきゃないだろうが!」


「もし帰ってくるんなら叩かれっぱなしで黙ってんじゃなくて勝って帰って来い!」


といいます。


ここを読んだ時、かなりシビレました。


ガッ!ときました。


新しい環境とかに馴染めなかったり、元気が出ない時、
尻尾を巻いて逃げ出したい時とかに読むと超元気が出ると思います。


あと猫背が気になった時とかに読むと背筋を正す事が出来ます。


これは続くんですかね?


高校生活もあと1年残ってることだし、 武士道エイティーンあるんですよねきっと。


うーん、続いてほしいなぁー


photo
武士道セブンティーン
文藝春秋 2008-07
売り上げランキング : 3883
評価

武士道エイティーン 武士道シックスティーン ガール・ミーツ・ガール ヒトリシズカ 国境事変

by G-Tools , 2010/02/03



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS