のぼうの城 の書評・感想

その瞬間、成田家臣団は雷に打たれたがごとく一斉に武者面をあげ、戦士の目をぎらりと輝かせた。

のぼうの城

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。
武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。
城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。
智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

歴史・時代小説を初めて読みました。


面白い。すごく面白い。


歴史の授業中、教科書の信長の絵とかに落書きばかりしていて、時代小説を初めて読むような人間の感想なんで、 時代小説としてどうなのかとかそんな事はよくわかりませんが。


単純に忍城の水攻めの攻防を描いたストーリーや敵味方それぞれ登場人物がとても面白かったです。


城主・長親は百姓に混じって田植えをしたりするけど、
不器用なためにそれさえも百姓達から邪魔者扱いされる始末


この[でくのぼう]の[のぼう]様


ヘマをしては百姓から笑われるわ、家来に木刀で殴られるわ
とにかく威厳もへったくれもありません。


城主としての威厳も、武力も野望もないが その人柄故に誰からも好かれる人気者。


体面や、威厳などを重んじるこの時代において、
身分などにとらわれないとても人間らしい感覚を持った人物だったんだなと感じました。


ただ、その脇を固める家老 丹波(漆黒の魔人)などがとにかく強い。滅茶苦茶強い。


勇猛・豪胆が売りの坂東武者の血を引く家老達はとても気高く、勇ましくかなりカッコイイ。


三国志の劉備に仕える関羽、張飛といった所でしょうか。


-戦いの中で死ぬ。-


この家老達がこの物語を戦いに生きる戦国時代の話として引き締めています。


さらには甲斐姫という成田家の当主氏長の娘はおてんばのツンデレ姫なのでツンデレ好きにはたまらないと思います。


この辺の書き方が現代風というか、僕のような歴史小説を知らない人間にも読みやすかったです。


ほんで天下統一目前の豊臣秀吉方です。


こちらは圧倒的な兵力を持ち、この忍城に攻め込み


降伏を迫る使者は人を馬鹿にした態度で散々侮辱してきます。


どう考えても勝ち目のない状況に
戦わずに降伏するのを忍城の誰もが考えていた中でのぼう様が下した決断

強き者が強きを呼んで果てしなく強さを増していく一方で、
弱き者は際限なく虐げられ、踏みつけにされ、一片の誇りを持つことさえも許されない。
小才のきく者だけがくるくると回る頭でうまく立ち回り、人がましい顔で幅をきかす。
ならば無能で、人が良く、愚直なだけが取り柄の者は、踏み台になったまま死ねというのか。
「それが世の習いと申すなら、このわしは許さん」

その瞬間、成田家臣団は雷に打たれたがごとく一斉に武者面をあげ、
戦士の目をぎらりと輝かせた。


このシーンがとても好きです。


痛快です。


勇気が出ます。


僕のようにこのジャンルを読まない人にも この後の展開、攻防はかなり面白いと思います。


とても勇気の出るお話です。


photo
のぼうの城
小学館 2007-11-28
売り上げランキング : 1127
評価

忍びの国 小太郎の左腕 水の城―いまだ落城せず (祥伝社文庫) チョコレートコスモス 八日目の蝉

by G-Tools , 2010/02/03



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS