純情エレジー の書評・感想

十七歳スイッチ

純情エレジー

「会っている数日のあいだ、わたしたちはセックスしかしない。
おぼえたての高校生のままみたいに」
十七歳のわたしたちが互いに向けたのは、ただ、欲望だった。
それから八年。上京した彼は年に一度だけ故郷に帰ってくる...。
上京、就職、結婚と、人生で最初の岐路に立つ主人公が振り返る、忘れられないセックスの記憶。
少女から女へ、少年から男へ。心と身体の移ろいを瑞々しく描きだす全七篇。

高校生の瑞々しさを書いたような小説が異常に気になるんです。


別に暗い青春時代を送ったからそれを躍起になって取り戻そうとしているわけではありません。


「武士道シックスティーン」とか「一瞬の風になれ」、「走れ!T高バスケット部」


大人になるちょっと手前、考え方にまだ幼さを残し、
色んな事にぶつかりあちこち痣を作りながらも自分を変えようとしている世代を見ていると


なんかこぅ、ぐっとくる。


だって自分を変える事はかなり難しい事だ。


例えば「自分が間違っている」というのを認めるくらいそれは難しい。


多くの大人がそれをしないのは、しないのではなくて出来ないんだと思う。


それくらい難しい事なのだ。


それに未完成から完成形に届くまでの間が1番カッコイイよヤッパ。


だってGLAYとか「グロリアス」までが好きだし
椎名林檎も「幸福論」とか「歌舞伎町の女王」の頃がサイコーにかっこよかった。


そんなわけで読みました純情エレジー。


これは官能小説になるんでしょうか。


帯やコピーなどなんかそんな風な囃し方が多いし確かに性的な描写が多くあるけれど


良いよ...


良かったよ豊島 ミホ。


てゆーかこの人の良さって性的な描写とあまり関係がないんでないかと思う。


中でも「十七歳スイッチ」が1番良いなと思ったんですが 確かにエロくはあるけどそれは求めていた高校生の瑞々しさそのもので キャッチャーミットを構えていた所にしっかりボールを投げてもらえた感が非常に大きかった。


先生がいない模試の時間にわざと大きく騒いで見せるクラスメート


すぐにケータイ出してピコピコいじったりする所って見た目はどうあれ本当に子供なんだなぁと今はしみじみ思う。


小学生がDSをカチャカチャやってるのとなんら変わりない。


缶ジュース1本買ってやるとヤラせてくれるヤリマンだと噂される女の子とそんなクラスメート達を冷めた目で見る超卑屈な主人公。


自分自身の事ですらままならないのに人恋しくて誰かとかかわろうとするけれどそれでもそのやり方がひどく不器用だったり幼稚だったり。


そんな愚かさが僕は好きだったし終わり方もなんか子供っぽくて許せました。


大人になるとそーゆーのもっと上手く出来るようになるのかもしれないけれど あどけなさがもうなくて、大切な事が見えているのに見ない振りをしたりする分余計にタチが悪いと思うのです。


愚かさや不器用さとかドラマチックな事なんかなんにも起きないし、ただただ淡々と過ぎてったあの頃の記憶が蘇るような


そんな小説でした。


photo
純情エレジー
新潮社 2009-03
売り上げランキング : 304564
評価

夏が僕を抱く 青空チェリー (新潮文庫) 神田川デイズ エバーグリーン (双葉文庫) 花が咲く頃いた君と

by G-Tools , 2010/02/03



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS