フラッタ・リンツ・ライフ の書評・感想

だけど、嬉しいことで、悲しいことって、消せないんだよね。
なんでかな?

フラッタ・リンツ・ライフ


永遠の命を持ち、戦い続ける子供たちキルドレ。
戦闘機乗りのクリタは、上司クサナギの幼なじみによって、
彼女が今や、キルドレでなくなっていると知らされるが...
大好評シリーズ急展開!

★スカイ・クロラシリーズ第3巻。


この「スカイ・クロラ」シリーズがとても好きです。


このシリーズの淡々としたナレーションや、主人公の物事に対する冷めきったスタンスが夜寝る前に読むととても落ち着くんです。


寝る前にあまり魂を揺さぶられたりするのもアレだよなって時にはオススメです。


今回はフーコがかなり出てくるので全国のフーコファンにもオススメなのです。


フーコというのは飛行機乗りの主人公が出撃し、敵と遭遇し、撃ち落とした時行く事にしている館の娼婦なんだけどシリーズ通して出てくるこの女の子の一見天真爛漫な所と、同時に軽薄そうな所が僕は好きです。


どれくらい主人公が冷めきっているかというと敵を撃ち落とした日に会いに行き、抱き合うフーコとはそれなりに良い感じなのに別のシーンで僕はフーコに愛情と呼べるものを感じたことは一度もない。って言っているくらいに。


フラッタ・リンツ・ライフを読む前にスカイ・クロラを読んでいてクリタ・ジンロウという男の名前が出てくるんだけどもう死んでいて、彼がなんで死んだのか?がストーリーに深く関わってきてたんですがそのクリタさんが今回の主人公です。


どーなんだろーなーヤッパ順番に読むべきなんだろーな。


大筋の世界観とかはスカイ・クロラの方で触れるんで割愛して良いでしょうか。


主人公達パイロットは「キルドレ」と呼ばれる年をとらない少年達で、 永遠に年をとらないという事は突き詰めていくと否感傷的になっていく事なのかもしれない。


終わりない生によってその瞬間を大切にしなくなるってゆーか。


主人公が知り合いの名前をよく忘れるシーンが度々あるんですがそれはそーゆー事の現れなんだろう。


そこはとても長いので詳しくはクレィドゥ・ザ・スカイで引用します。


それ故の冷淡さなんだろなきっと。


ミステリーとしての森 博嗣さんという事とか全然考えず深読みせずに読んでるんですが言葉というか、文字の組み合わせがすごい綺麗なんですよね。


例えば

心配だなんて、引出の奥にしまってあったみたいな上品な言葉を持ち出してきたけれど、
心配している姿を、草薙に見てほしいのだ、きっと。

とかスカイ・クロラでも感じたけどこうゆう比喩がとても綺麗。


あらすじは主人公クリタ・ジンロウが同僚のトキノと共に幾度かの出撃を繰り返し、フーコに会いに行き、基地の近くに住むサガラ・アオイという謎の女の人に好意のような物を感じちょくちょく会いに寄ります。


けれど上司であるクサナギ・スイトはサガラとは会うなと言い、その理由とかここら辺が今回の大きなポイントなのかなと思う。


そんな感じの事が淡々と進んでいくんですが飛行機に乗り、空を飛ぶという事への情景の美しさや慕情のようなものがとても儚く描かれていて良かったです。


僕達は永遠の命や若さに憧れ、年をとる事を怖れているのに彼等はキルドレとして永遠の命を失う事よりも空を飛べなくなる事を怖れていてそのロマンみたいなものがすごく良かった。


すべての物事に対して淡々としているけれど空への憧れだけがとても美しく、感想として例えば北極とかにある氷山やダイヤモンドダストみたいに冷たくて美しいものみたい。でした。


photo
フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life
中央公論新社 2006-06
売り上げランキング : 70556
評価

クレィドゥ・ザ・スカイ―Cradle the Sky ダウン・ツ・ヘヴン―Down to Heaven ナ・バ・テア スカイ・クロラ スカイ・イクリプス

by G-Tools , 2010/02/11



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS