星へ落ちる の書評・感想

「もう一回言って。」
「僕は星を見ていると、星に落ちちゃいそうな気がするんだ、って。」

星へ落ちる

一つの恋愛と三人の孤独――
元彼の部屋を出て、「彼」と付き合い始めた「私」。
「彼」が女と浮気をしていると知り、自殺を考える「僕」。
突然去った「彼女」を待ち続ける「俺」。
愛するほど孤独になる、三人の絶望と激情。

人を好きになる痛みという部分を、読んでいてホントに「痛いっ」って言ってしまうくらいの表現力で書く人だなと思います。


アッシュベイビーもそうだったけれど、人を愛するがゆえに破滅に向かっていくような、
そうせざるを得ない人間の性


好きな人にかまって欲しくて「自殺する」とか「手首を切った」とか


フツーの心理で考えると(いやいや、それはないよね。(・ω・)って思うんだけど)


そういった行動に走ってしまうほどの狂おしい愛というものすっごい上手く書く。


というか それは本当に刹那的で 破壊的で 人によってはかなり拒絶反応を示すと思います。


人を愛する狂おしさを自傷系、薬系、絶食系、などで表現するから読んでいるとホントに衰弱してくる。


加えて、この狂おしいほど人を愛した人が陥るネガティブマインド系
(あの人は浮気をしているんじゃないか・・)


が衰弱により一層拍車をかけます。


圧巻なのは2ページほどに渡って延々と書き綴られるセリフで 独特の手法だなと思う長セリフをアッシュベイビーで初めて見た時には目を疑いました。


なんだコレ・・。


私と僕と俺それぞれの立ち位置での物語を書くというのは


人は誰だって必ずそれぞれに悩みがあるので
それはこういったネガティブマインドへの1つの答えのように思いました。


photo
星へ落ちる
集英社 2007-12
売り上げランキング : 87062
評価

ハイドラ オートフィクション 憂鬱たち AMEBIC (集英社文庫 か 44-3) AMEBIC

by G-Tools , 2010/02/03



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS