武士道エイティーン の書評・感想

わたしたちは、もう迷わない。
この道をゆくと、決めたのだから。
急な上り坂も、下り坂もあるだろう。
枝分かれも、曲がり角もあるだろう。
でも、そんなときは思い出そう。
あの人も、きっと同じように、険しい道を歩み続けているのだと。

武士道エイティーン

高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。
最後の夏、ふたりの決戦のとき。
新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!
わたしたちは、もう迷わない。
この道をゆくと、決めたのだから。

武士道シリーズついに高校最後の3作目です。

 
とりあえずなんとなく思ったんですが、このシリーズって巻数ふってないけどこれはフツーに「第3巻」だから絶対にシリーズ1作目から順番に見なきゃダメですよ。
 

めっ!ですよ。
 

ちなみにうちの猫に「めっ!」て叩く振りをすると(´≧д≦`)って顔をします。

 
すごくカワイイんです。

 
宮本武蔵を崇拝する「剛」の香織、

 
日舞からの転進「柔」の早苗
 

剣道に打ち込む二人の高校生の集大成です。

 
けれど今作は二人の視点よりも早苗のお姉さんや香織の後輩の田原、桐谷道場の歴史など二人の周囲の、サイドストーリーのような内容でした。
 

その中でモデルをやっている早苗のお姉さん緑子と東松学園男子剣道部エースの岡君との話が特に良かった。
 

マジでぐっときた。

 
なんて切ないんだろう。

 
高校を卒業して社会に出てモデル事務所に所属してプロのモデルとして生活していく事の厳しさや好きな人と一緒にいられないままならんさとかがたまらんかった。
 

こうゆう現実の厳しさってとても大切だと思う。

 
そこで一皮剥けれれば辛い事がある度に、けれど成長していけるんだろうし、剥けれなければただ辛いだけで、大人になっても子供のままなのかもしれない。
 

なんか遠距離恋愛とかでダメになっちゃって辛い人とかに見てほしい。
 

それは本当はダメじゃなくて良かったんじゃないかとか色々感じ方があると思います。
 

そんで三度目となる香織と早苗の対決、
それにセブンティーンで出てきた黒岩レナと香織の対決などももちろん見所です。

 
黒岩レナもセブンティーンでは憎まれ役だったけど今回はすごくかっこ良かった。

 
盛り上がって終わるクライマックスというより穏やかで緩やかな終わり方だと思いました。
 

というか終わったのかな?
 

卒業後のそれぞれの進路なども少し出てきて続きそうな終わり方でした。


photo
武士道エイティーン
文藝春秋 2009-07
売り上げランキング : 3097
評価

武士道セブンティーン 武士道シックスティーン (文春文庫) ガール・ミーツ・ガール 武士道シックスティーン(1) (アフタヌーンKC) 武士道シックスティーン 2 (マーガレットコミックス)

by G-Tools , 2010/08/05



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS