あのとき始まったことのすべて の書評・感想

始まったことを大切にしたい気持ちがあって、
それを大切にできたなら、それが何かに昇華する日がくるといいな、と思う。
執着とか欲望とかから離れて、あのときは嬉しかったな、とか、
思い返したり話したりできたらいいなと思う。

あのとき始まったことのすべて


確かなのは、僕らは今を生きるしかないということだ。
社会人三年目―
中学の同級生との十年ぶりの再会。
それが、僕らのせつない恋の始まりだった...。

とても優しい気持ちになりました。


中村 航さんの小説を読むと本当に優しい気持ちになる。


その事がとても素敵だと思う。


この人の書く物語を読んでその優しさにずいぶん救われた。


メーカーの技術営業をする主人公岡田君は中学の同級生石井さんと卒業以来10年ぶりに会う


再会し中学時代の事を語り明かしながら二人はベタに恋に落ちる


けれど思い出すあの頃とか、想像する二人のこれからとかとは別に石井さんは仕事の配属先が大阪に決まり東京の岡田君とは離れて暮らす事に





なんてベタな展開なんだ。


そう思いながらどうなるの?どうなるのよ!?と気が付けば随分引き込まれた。


「あなたがここにいて欲しい」の時も感じたけど小学生の頃とか中学の頃とかの「あの頃」を表現するのが本当に上手い。


男子の学ランのポケットに入ってたなんかのコインとかなんかのネジとか、
女子の書いてたなんかすごい折り畳まれてむっちゃちっさくなってる手紙とか


そーゆーひとつひとつの表現がうわっ!懐かしい!てなった。


当時同じ班だった柳と白原さん。


中学の頃の回想シーンで二人も中心的な存在として出てきたり、白原さん自身の語りの章もあったり最後どう繋げるんだろうとわくわくしたし、持っていきかたがとても好きだった。


ラブストーリーなんだけど主人公や石井さんの仕事に対する姿勢とか、取り組み方がとてもカッコイイ。


情熱的な恋愛を書きながらもそれぞれが仕事に対するこだわりを持っていて悩みながらも真剣に向き合っている。


そんな中村さんの小説が僕はとても好きです。


なんか勇気出ます。


ラストシーンの解釈の仕方は読む人それぞれ違うかもしれないけど多分勇気が出ると思うのです。


photo
あのとき始まったことのすべて
角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-03-26
売り上げランキング : 70443

僕の好きな人が、よく眠れますように あなたがここにいて欲しい (角川文庫) リレキショ (河出文庫) 夏休み (河出文庫) 100回泣くこと (小学館文庫)

by G-Tools , 2010/09/07



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS