まほろ駅前多田便利軒 の書評・感想

失ったものが完全に戻ってくることはなく、得たと思った瞬間には記憶になってしまうのだとしても。

まほろ駅前多田便利軒


まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。
駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに 塾の送迎、納屋の整理etc.―
ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。
多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。

三浦しをんさんの直木賞受賞作です。


雰囲気が「東京バンドワゴン」とかあーゆーアットホーム系な感じがして安心して読めました。


テレビドラマを見ているような感覚でさらさら読める。


というか内容とか設定が現実的な事とかリアルな世相を映し出そうとしてるんじゃなくて
マンガチックな登場人物とかわりと都合の良い設定だからあんまり身構えて読まない方が良いと思う。


まほろ市の便利屋多田と転がり込んできた同級生仰天が一緒に仕事をしながら様々な人間と関わり、関わった人間達はその直後から最後まで主要登場人物のようにちょくちょく出てきます。


それが少しずつ仲間が増えていくRPGみたいでとても面白かった。


関わりのある人間が増える事で物語がどんどん広がり深みを増していくし人と人との繋がりの暖かさのようなものが感じられてそれで「東京バンドワゴン」を連想したのかもしれません。


基本的に多田と仰天のドタバタコンビが便利屋をしながら事件を解決していくコメディタッチなストーリーだけれどそれに平行して明らかになる二人の過去とか心境とかはけっこぅ深い。


文章の読みやすさとたまにある1つの文章の深さがとてもバランス良くてすごい人だと感じました。


飼い主に見捨てられたチワワを預かり、ずっと震えているチワワがいるんだけどその震えを


すべてを受けいれ、なお生きるために体内機関を燃焼させる、鼓動に連動した震えなのだと、
多田ははじめて気がついた。


と表現していたりチラシを見てそのチワワをもらいに来た新しい飼い主候補のコロンビア人娼婦だと名乗る正体不明のルルを不審に思い譲るのを断るシーンでも


ルルは多田を見て、「そうなんだぁ」と微笑んだ。
諦めることに慣れたものの表情だった。


と表現していて何気ない言動を表現する文章がとても深い。


個人的に


やり直せる事なんてほとんどない。
だけど、まだだれかを愛するチャンスはある。
与えられなかったものを、今度はちゃんと望んだ形で、新しくだれかに与えることができる
そのチャンスは残されている


という言葉がとても胸を打ちました。


年をとるとやり直したい事や悔いが残る事が増えてきて、後悔したり苦悩する日もあるけれど
この小説にはそんな日々に希望を持たせてくれる大きな力があると思いました。



photo
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
文藝春秋 2009-01-09
売り上げランキング : 4891

まほろ駅前番外地 月魚 (角川文庫) 風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8) 私が語りはじめた彼は (新潮文庫) 格闘する者に○ (新潮文庫)

by G-Tools , 2010/09/14



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS