小太郎の左腕 の書評・感想

おのれは信じられぬものを見るぞ。
神の宿った腕を今こそ見るが良い。

小太郎の左腕

一五五六年。
戦国の大名がいまだ未成熟の時代。勢力図を拡大し続ける戸沢家、児玉家の両雄は、もはや開戦を避けられない状態にあった。
後に両陣営の命運を握ることになるその少年・小太郎のことなど、知る由もなかった―。


和田 竜さんの3作目です。


この世界観を戦国エンターテイメントと呼ぶそうです。


例えばアクション映画として見る戦争や戦のシーンのように、
戦いがメインになる事でしか表現出来ない物語の面白さや、かっこよさ、そういったものを感じました。


「忍びの国」の無門の圧倒的な強さとか
「のぼうの城」ののぼう様の誰からも好かれるカリスマ性とか。


戦いの中で死ぬ事を恐れない武士達の勇ましさとか潔さ、腕っ節の強さ


このかっこよさ、清々しさったらちょっと他にない。


今作の小太郎は武士や武将のような猛々しさはないけれどその代わり底抜けに優しい


当時の人間達の武名に対する執着心は異常で乱世において小太郎のような優しさを
人は単に惰弱と見たそうだ。


神の宿った腕と称される小太郎の狙撃手としての才能


半面普段はいつも阿保のように微笑んでいて何をされても怒らないため
馬鹿にされ仲間外れにされている。


人並みになって皆と一緒に遊びたいと願う小太郎の気持ちや
優しすぎる小太郎を戦に出さないためにその才能を隠し通そうとする要蔵の親心が切なかった。


ストーリーは小太郎ではなく半右衛門というとても強く、卑怯な事が大嫌いな男をメインに展開していきます。


優しい小太郎ではなく、この勇猛な半右衛門という男を主観にする事で物語が過激で見応えのあるものになっていると思う。


半右衛門と小太郎が偶然出会い、小太郎はその狙撃の腕を買われ、やがて戦に巻き込まれていく。


人並みになりたいと願う小太郎に「人並みになるには喜びだけじゃなく悲しみも同様に引き受けなければならない」と伝える半右衛門


-人に秀でてみせよ。-


嘘や偽りを固く禁じ、人並みどころか人並み以上になろうとしてその辛さを知る半右衛門だからこそ小太郎を戦に巻き込む事に大きな葛藤があったんだと思う。


その強さやその脆さ、どうしても半右衛門という男の生き様がかっこよくて肩入れしてしまうけど小太郎が火縄銃を撃つ時の描写は神がかっていてかっこよかった。


あと「無痛の萬翠」という忍者が出てくるので「忍びの国」ファンにも嬉しいと思う。


3作目まで全て読んでみて思うんだけど、一般的な歴史小説とは異なる部分が多くあるんじゃないかと思う。


登場人物や設定がエンタメ的だし本格的な歴史小説を好む方にとってはライトノベル的に見えるかもしれません。


けれど反対に僕のように歴史に疎いけどそういった時代を舞台にした分かりやすく痛快で面白い物語を読んでみたい人にとっては全然面白いと思う。


それぞれの好みで良いと思うのです。


自らの魂の価値を信じるならば、その者はただ待てばいい。
その者に魂があるならば、その瞬間は必ず訪れる。


photo
小太郎の左腕
小学館 2009-10-28
売り上げランキング : 27713
評価

忍びの国 哄う合戦屋 のぼうの城 SOSの猿 天地明察

by G-Tools , 2010/10/28



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS