東京日記3 ナマズの幸運。 の書評・感想

一方、ヘビなど。

東京日記3 ナマズの幸運。


おおむね楽しい、ちょっぴりさみしい。カラダ半分、ずれている――。カワカミ・ワールドが詰まった、日記シリーズ最新作。2008~2010年までの3年分を収録。「WEB平凡」の人気連載を単行本化。

最近のピリピリした世相や、世の中を覆う猜疑心や尖った言葉に心がヒリヒリしていたので
気分転換に川上 弘美さんの【東京日記3 ナマズの幸運。】を読みました。

実は川上 弘美さんの小説は読んだことがないのですが、このシリーズのエッセイは本当に面白い。

嫌なことがあって元気が出ない時、自分の中の暗黒面が大きくなり、ダークサイドにおっこちそうになった時などに読むととてもリラックスできる。

なんてゆーかこんなにもゆるゆる生きて良いんだ、生きていけるんだって思うと本当に安心するよ。

全然肩に力が入っていないし、何かを啓発する気もまったくないし、誰かを傷つけたりしない。
本当になんでもない身の回りの日々のことを書いているだけなんだけど、そのニュートラルなところがほんわかしていてすっかり大ファンです。

四月某日 雨

黒いパンツをはいたらたくさん仕事ができたので、紫のパンツも用意しておこうと、いさんで買いにゆく。黒いのを新たに二枚、紫のも二枚買って、満足する。
紫のうち、一枚は、おへそあたりまでくるおばさん型、
もう一枚はほとんど面積というものを持たない、エッチ型。
どちらをはいた時に仕事がはかどるか、しばらく統計をとってみるつもり。


五月某日 晴

パンツの統計を、取りつづける。
おばさん型八、エッチ型二の割合で、どうやらおばさん型着用時の仕事はかどり率の方が、かなり高い。ただ、エッチ型のときに一回だけ、「今日の仕事はこの一年の中でも、もしかすると一番の出来かも」という日があった。
ふだんはおばさん型、ここ一発の勝負どきにはエッチ型。
という結論を忘れないように、手帳に書きこむ。

とか四月から五月にかけてパンツの統計を取りつづけているすごいどうでもいいことでも面白いんだから本当にすごい。

短い文章だけど言葉の選び方が上手く、文章のリズムが良いから
読んでいて気持ちが良いんだと思う。

ふわふわした雰囲気の下に確かな技術があるから読んでいて不安定な感じが全然しないし
ひとつひとつの話にきちんと意味があって、それが繋がっていく感じは読む人を先へ先へと導いてくれます。

それに時折、川上さんはなにか別の世界を生きているような感じがして
そーゆーところに引き込まれる。

八月某日 雨

昼過ぎから大雨。そして、雷。
雷が始まってから五分後くらいに、「どどすすん」という、ものすごく大きな雷鳴が三回ほど続けて響く。稲光と、雷鳴は、ほとんど同時だったので、すぐ近くに落ちたに違いない。
夕方、雨が上がったので、散歩に出る。
向こうから、三人の子供がやってくる。
すれ違いざま、会話が聞こえる。
「まったく、すぐに落ちようとするんだから」
「落ちた先にじっとしてないで、うろちょろそのへんに出ていっちゃうのもまた、困るんだよな」
「給水塔の避雷針のあたりはもう探したっけ?」
子供たちのまわりの空気が、青っぽい。
三人が動くたびに、小さな放雷が起こる。
すれ違った瞬間には、腕や首が、びりっときた。
(雷神の子供かな)と思ったけれど、怖いので、振り返って確かめることはしなかった。

この日の日記の内容と終わり方が1番好きなんですが、空想のようで現実で、現実のようで空想で、もう何がなんだかわけがわかりません。

「自分の日常を読む人が面白く感じるように書くことがいかに難しいか」を僕もブログで痛感しているのでこんな日記が書ける人がいるなんて、と鳥肌が立つくらい感動しました。

大人の顔で生きることに慣れると、毎日はただの繰り返しになってしまいます。

これは【今日もていねいに。】の著者、松浦弥太郎さんの言葉です。

子どものままの好奇心のかたまりを、大人になっても、ずっと持ち続けることができたらどんなに素敵だろうか?という話をされているんですがそれをフツーに実績している人が川上さんなんだと思います(笑)

小説家という職業は会社勤めとは違い、部屋を借りるのがとても難しいそうなんですが、前々作【東京日記 卵一個ぶんのお祝い。】の中で無事部屋を借りられたことで小さなお祝いをします。

当たり前のように過ぎていく日常を当たり前のように受け流さず、大切にしているからきっとこんなにも面白くて愛おしいんだと思う。

毎日の暮らしはこんなにも面白いんだってあらためて気付かせてくれる一冊ですよ。



photo
東京日記3 ナマズの幸運。
平凡社 2011-01-26
売り上げランキング : 9310
評価

天頂より少し下って 機嫌のいい犬 やわらかなレタス 妄想気分 東京日記2 ほかに踊りを知らない。 (東京日記 (2))

by G-Tools , 2011/06/03



PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS