考えなしの行動? の書評・感想

デザインは、「わけのわからない」ものであってはならない。
そこには明確な理由があり、手法があり、目指す機能が盛り込まれている。
そうでなければ、デザインではない。

考えなしの行動?

thoughtlessacts.jpg たとえば、バランスをとるためになにかを掴む、といった行動は、普遍的だし、また本能的なものである。また、熱いマグカップで手を暖めたり、ベルベットを撫でたりするのは、経験的な行動ではあるものの、あまりにも深く身に染みついているため、ほとんど意識せずについやってしまう。このほか、ティーバッグのヒモをカップの把手に巻きつけたり、ジャケットを掛けるために椅子を探す、といった行為は、習慣や社会的学習を通して自然に出てくるようになる。本書に掲載された写真は、人々が自分の周囲の世界に反応する、この種のやりとりを垣間見たものである。あなたは何を見るか。

デザインの勉強をしていて手に取った本でここに書くべきか個人的な日記に書くべきか悩んだんですが森 博嗣さんの本の感想を何冊か書いているしいちおう本の紹介として書くことにしました。

内容は『発想力』を育むためのドリルである とあるようにまず1枚の写真があって、そこからその行為の意味を汲み取ったり、インスピレーションを得るための解説があるドリルです。

これは小説ではないし感想も僕個人が日頃から感じているプライベートな部分と照らし合わせているのであまり面白くなかったらごめんね。

デザインは日本語で言えば設計のこと。
これがデザインを訳した言葉であり、ずばりの意味のはず。
またデザインとは語源としては「削る」という意味合いを持っていて日本語で近いものを探すと「最適化」あるいは「合理化」が思い浮かぶ。
もう少し極論すれば、コンピュータでデータを解析して決定することがデザインであり、これは、人間の感性によって生まれるアートと両極をなすものといえる。
 つまり飾りやファッションではない領域こそがデザインの対象なのである。
アーティストというのは、ある程度は天性の感覚が求められる(実は本気でそう信じていないが)
大衆はアートを見て「わけがわからない」と時々ぼやくけれど、それはもともと「わかる」ものではなく、「感じる」ものなのだろう。
一方、デザインは、「わけのわからない」ものであってはならない。
そこには明確な理由があり、手法があり、目指す機能が盛り込まれている。
そうでなければ、デザインではない。

まず↑で引用したように(日本語で近いものを探すと、と断っているように)森さんは本気でデザインの勉強するつもりなら自分が訳したこの本より英語で書かれた原書を読むことをすすめています。

日本語にすると回りくどく分かりにくい表現になるんだって。

とても美しく、シンプルな言葉を使う森さんが日本語にするとわかりにくいと言うからには
きっとそうなんだろう。

プログラムの勉強をしてるとだいたいの言語で良書として必ず挙がるオライリー本が実はけっこう読みにくくてあんまり好きではないんだけど、それはもしかしたらオライリー本が読みにくいんじゃなくて【翻訳された日本語】が読みにくいのかもしれないって思った。

それ以外にも翻訳されていない洋書だってあるわけだし、日々ネットで探すチュートリアルは英語だし、海外旅行したいしで英語を覚えたいよなって最近思うんです。

また、

デザインは、「わけのわからない」ものであってはならない。
そこには明確な理由があり、手法があり、目指す機能が盛り込まれている。

というのは自分は趣味で勉強しているだけで大学で専攻したり研究したわけではないので確信はありませんがこの辺は確かにセンスよりも論理的な理由を重視するべきだと思う。

それは例えばkulerのような配色ツールを使って色の組み合わせを決めたり、使用するフォントの組み合わせをデザインの原則に基づいて決めたりすることを指すのかもしれません。

単純にセンスで美しい色の組み合わせを選べる人もいるんだろうけど配色を深く学ぶと結局それは論理的な理由が付けられるし、それならそれってある意味勉強をすればセンスは身に付くってことなんだと思う。

だとしたらセンスに頼る必要はないわけで。

僕は常々デザインとプログラミングに近いものを感じていて自分の中で「デザインだけします」とか「開発しかしたくありません」とかじゃなくて単純にサイトを作る中で両方にタッチしたいと思っています。

「二足の草鞋を履くような、そんなことが出来るわけはないでしょう?」

って言う人もいるだろうけどさ、別に良いんだよ、自分の庭でやる趣味のようなものなんだから自分が好きなアプローチをとれば。
自分の庭で作る日曜サイトに関してあーしなさいとかこーしなさいとかってのを聞いてやる必要はないだろう。

そう思うのはプログラミングにも明確な理由があり、手法があり、目指す機能が盛り込まれているからで。

ひとつひとつ実行されていくプログラムや考えられた設計、指向はユーザーの目には見えないけど
見えないから美しくなくて良いのかと言えばもちろんそんなことはない。

美しくないプログラムは変化に脆く何かが変わる度に様々なバグを生み出し複雑になっていくのに対し、美しいプログラムはシンプルで、シンプルなものは速いし保守もしやすくて時がたっても劣化することがなくさらに洗練されていくことでしょう。

この論理的に機能を実装するために書かれた思考の美しさが論理的にデザインを導き出す思考の美しさに似ているんじゃないかなって思います。

このサイトでは主に雑貨を紹介しているのですがそれらの雑貨のデザインの良さはつまるとこ想像力の良さだったりします。

なにかしらの行為をデザインしたり、なにかしらの機能をデザインしたり、そういうインスピレーションの部分だけはコンピュータには真似出来ない人間の特権でこの本は着眼点や発想の大切さ、そのコツを気付かせてくれる素晴らしい本です。

もしもうちのサイトで紹介している雑貨が琴線に触れるようでしたら本書は本当におすすめです。

僕は自分が良いなって感じる雑貨がどんな風に生まれたのかがこの本を見ているとなんとなく分かる気がしました。

森さんは翻訳するにあたってそういった発想や想像する行為を楽しめるようにしたぜって言ってました。

何か気分転換や煮詰まった時など眺めているだけでも楽しめるし上手くするとインスピレーションを掴めるかもしれませんよ。

ただAmazonのレビューにあったんですが「装丁はイマイチだよね・・・」(´・ω・`)ってのが微妙に核心をついてて残念です。

デザインの本だしさ、もぅちょっとなんかなかったのかな、この色なんか微妙で・・・(笑)



photo
考えなしの行動?
太田出版 2009-06-18
売り上げランキング : 40798
評価

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法 デザイン思考が世界を変える―イノベーションを導く新しい考え方 (ハヤカワ新書juice) イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材 ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術 デザインイノベーション デザイン戦略の次の一手

by G-Tools , 2011/11/22

PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS