わたしを離さないで の書評・感想

新しい世界が足早にやってくる。科学が発達して、効率もいい。
古い病気に新しい治療法が見つかる。すばらしい。
でも、無慈悲で、残酷な世界でもある。そこにこの少女がいた。
目を固く閉じて、胸に古い世界をしっかり抱きかかえている。
心の中では消えつつある世界だとわかっているのに、それを抱き締めて
離さないで、離さないでと懇願している。
わたしはそれを見たのです。

わたしを離さないで

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春の 日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な 日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がた どった数奇で皮肉な運命に...。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく―英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』に比肩すると評 されたイシグロ文学の最高到達点。アレックス賞受賞作。



カズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」読みました。

読み終わった時、感動した!とか泣いた!とかそういうのはなかったんですが、この物語が問いかけてくることの答えを出そうと考えながら寝てしまい、どんなに考えて出した答えも必ず論破されてしまうという報われない夢を見て
ずいぶんうなされました。

そんな夢を見たこと自体がこの物語の凄さを表しているような気がします。
小説でも絵でもなんでも良いんだけど力を持つものは好むと好まざるとに関わらず見るものをその世界に引きずり込むものだと僕は思います。

感情のあり方(元気そうとか元気がないとか)に影響を与えるくらい強い力を持っていて読み終わった後も読者の心を占拠し続ける。これはそういう力を持った小説なんだと思いました。

とても心に残る物語なんですが最も疑問なのが「主人公たちが人間らしく生きたことに意味があったんだろうか?」ってところで読み終わってもそこにあまり意味がなかったように思えるところが苦悩の原因なのかもしれません。

本当に報われない物語で、どう考えても、何を引用しても、報われない。

テクノロジーの進化が生み出す結果が必ずしも良いものとは限らない、倫理的に間違っていることもありえるんだ・・・。とか真面目なことをずいぶん物憂げに考えては塞ぎ込む自分にびっくりした。

読み直す力は残ってい​ないけどヘールシャムという施設がなんだったのか、主人公達が何​者なのか、を知って読み直すとその世界は今まで見えてい​たものと大きく変わるんだろうなと思います。

キャシー・Hの独白で展開していく物語は徹底して抑制されていて最初はその丁寧な言い回しがとっつきにくかったんですがそれも主人公たちが何者なのかが分かってからはずいぶん考えさせられました。

あとがきの中で知ったんですがカズオ・イシグロさんは1989年に「日のなごり」を発表されて英国最大の文学賞ブッカー賞を受賞されて一躍国際的作家となったそうなんですがその後もつねに新しいスタイルを成し遂げようとされてきたそうです。

インタビューの中で

作家というのはいろんな習慣を身につけてしまうのです。
特に、その書き方を、世間から賞賛されたりした場合にはなおさらです。
そういうのを捨てるのは、大変つらいものです。
でもこれが、間違いのもとになることも多いんです
何年も前には正しかった声に、作家が固執してしまう。
でももはやそれは正しい声ではないのです。

と言われていていくつかの作品を異なったスタイルで書き上げて到達したこの「わたしを離さないで」はその達成度においてイシグロの最高傑作だと思う。って柴田 元幸さんが書かれていました。

作風が大きく変わったり新しく発表された作品がイマイチだと大騒ぎしてしまいそうになるけれどそれはきっと何か新しいものを取り入れようとしている段階なのかもしれないし進化の過程かもしれないんですね。

面白くなかったら面白くなかったで全然良いと思うんだけど、文章なんか書けないくせに浅はかな文学論を振りかざして作品や作者を罵倒したりしないような読者でいられたらなと思います。自分の中で本との付き合い方というか、そういうのを最近わりと考えてしまいます。


photo
わたしを離さないで
早川書房 2006-04-22
評価

日の名残り (ハヤカワepi文庫) Never Let Me Go (Vintage International) 夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫) わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫) 浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)

by G-Tools , 2012/02/13

PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS