ヴォイド・シェイパ の書評・感想

本当に強いものは、見えないのだ。

ヴォイド・シェイパ

voidshaper.jpg ある静かな朝、彼は山を下りた。師から譲り受けた、一振りの刀を背に――。若き侍は思索する。強さとは、生とは、無とは。あてどない旅路の先には何があるのか。待望の新シリーズ。


私とお前は違うのだ。見ればわかるだろう。
躰が違う、頭も違う、同じではない。たとえ、まったく同じ人間だったとしても、
立っている位置が違う。光も風も方角が違う。
僅かの差で、先手と後手に分かれる。そのときそのとき、その場その場で、己の利を見よ。

けっして同じではない。
正しさとは、過去にあったものではない。常に新しい筋へ剣を向ける。今の正しさを探すのだ。
似ていることを嫌い、慣れ親しんだものを捨てなければ、自分に囚われる。
そうではない新しい自分を常に求めるのだ。

スカイ・クロラシリーズの詩的な文体が好きでファンになった森博嗣さんの新シリーズ
「ヴォイド・シェイパ」

山奥でスズカ・カシュウという侍に育てられ、カシュウの死をきっかけに山をおり、
旅に出る主人公・ゼン。

物語は自分の年さえも正確には知らない世間知らずのゼンが旅の中で目にするものに感銘を受け、またゼンに出会う人はその静謐さや剣に対する純粋性に惹かれていきます。

ゼンが自分に問いかける禅問答のような形で物語が進んでいくので
若干くどいと感じる場面もありました。

でも森さんのそぎ落とされた文章でその思考を追っていくとゼンの依怙贔屓なく人を観察する視点や、自分の考え方、正しいと思うものが本当に正しいのか自身に問いかける場面にずいぶん考えさせられた。

自分を信じろ。
自分を疑え。

どっちが正しいんだろう。

イオカという剣術道場の娘と話すなかでゼンは彼女のことを

ずけずけとものを言う人だな、と思った。
もちろん、彼女は最初からそうだった。
自分に余程自信があるのだろう。
自信があるから押しつけてくる。
正直といえば、正直。素直といえば、素直。
それが許された人生だったのだ。

そんな風に考えるシーンがある。
例えばこの娘が若く、美しいとか、歳をとっていて醜いとか。
まず見た目を起点に考え方があるんじゃなくて、その人と接することで内面を見抜くような描写の仕方だ。また、村で出会うキグサという老婆と話をする場面で

人の価値とは、その人が何を成すかということ。
であれば、死んだ人間はもはやなにもなしません。
生きていてこそ、行動し、考え、人に影響を与えることができます。

というゼンの考える理論。
おそらくこれは今まで見てきたものか、感じてきたものを元に形成された理論で
ゼンにとってはほとんど信念に近い強い思いだと思うんだけどキグサはそれを否定する。

死んだ人間でも、その志を受け継いだ者がそれを成し遂げる。
その人間の価値とは、その人間を知っている者が覚えているかぎり、ずっと残るもの。
ナツさんは死んだそうだが、わしにとっては、ナツさんの価値はずっと同じ。
遠くにいても、この世にいなくても、同じだわ。なんの変わりもない。
そもそも、死んだことを知らなければ、価値があって、死んだと知らされただけで価値が失われるのか?お前さんはどうだ?
師を失った瞬間、師の価値は消え失せたか?もう信じるものはなくなった、と感じたのか?

そうした人と接する中で、自分の感じたことや考えを整理していく。
そうゆうことが今の正しさを探すということなのかなって思いました。

正しさとは、過去にあったものではない。常に新しい筋へ剣を向ける。
似ていることを嫌い、慣れ親しんだものを捨てなければ、自分に囚われる。
そうではない新しい自分を常に求めるのだ。

ゼンの静謐さ、無垢な心と己に問いかけるいくつもの禅問答。
こんな男になりたいと思いました。
なんとなくノギ(という三味線弾きの女芸者)の雰囲気、想いを寄せるゼンとの会話のかみ合わなさが好きだったので「ブラット・スクーパ」でも沢山出てきてほしいなぁ。



photo
ヴォイド・シェイパ
中央公論新社 2011-04
売り上げランキング : 40510
評価

喜嶋先生の静かな世界 (100周年書き下ろし) ブラッド・スクーパ - The Blood Scooper 相田家のグッドバイ つぶやきのクリーム The cream of the notes 実験的経験 Experimental experience

by G-Tools , 2012/08/22

PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS