ダイナー の書評・感想

人は自分に合った靴を履くべきだと思う。
押しつけられた靴ではなく、自分で探して納得した靴を。

ダイナー

diner.jpg ひょんなことから、プロの殺し屋が集う会員制ダイナーでウェイトレスをする羽目になったオオバカナコ。 そこを訪れる客は、みな心に深いトラウマを抱えていた。一筋縄ではいかない凶悪な客ばかりを相手にカナコは生き延びることができるのか? 次々と現れる奇妙な殺し屋たち、命がけの恋──。


なんだこの本は。

信じられない。食欲がなくなるのと同時に食欲が湧いてくるなんて。

 料理をテーマにした小説、エッセイを何冊か読んだんですがここまでお腹が空いてくる小説は初めてでした。

目を背けたくなるようなハイテンションの拷問が冒頭から繰り広げられ、のっけから人がめちゃめちゃに解体されたりしている。

髪の毛をかつらみたいに剥ぎ取ったり、目玉をくり抜いたり、あまりにも残虐で緻密なその拷問描写に吐き気がしてくるんだけど殺し屋専用のダイナー・キャンティーンのマスター・ボンベロの作り出す料理(の描写)が視覚や嗅覚を刺激するくらい美味しそうで吐き気をもよおすと同時にすごくお腹が空いた。

キャンティーンを訪れるのは爆発屋のスキン、全身を改造し、少年のような見た目の殺し屋キッド、絶世の美女炎眉、どいつもこいつも一癖も二癖もある凄腕の殺し屋たち。

あるトラウマを抱え、離婚してから親のコネを使って地元の事務用品問屋で働きその日その日をやり過ごすように暮らしていた主人公オオバ カナコ。

闇サイトで見つけた割の良い危ない仕事で事件に巻き込まれ、殺されそうなところを金で買われ殺し屋専用のダイナーキャンティーンでウェイトレスをすることになる。

店に訪れる殺し屋たちと関わっていく中で常に生死の境目を漂うような経験をしてから「死にたくない」という思いは強烈な自己を形成し、生き延びるためにタフに、成長していく。

これは「美女と野獣」の物語です。
あまり人生について真剣に考えず、半ばぷかぷか浮かぶように暮らしていた女性が、突然、殺し屋専用の定食屋に叩き込まれてしまうのです。
そこでは最も軽視されるのがウェイトレスである彼女の命。死ねばとっかえひっかえ新しいウェイトレスを連れてくればいいと嘯くマスターのもと、
彼女は始めこそ嵐のようなカルチャーショックとギャップに翻弄されますが、徐々に自己のアイデンティティを掴んでいく・・・
そうしたぎりぎりの極限状況で、タフに成長していく人間の話を書いたつもりです。

物語の中で圧倒的な暴力が世界を支配しているからこの小説を「面白い!」って思うのに躊躇してしまうかもしれない。

けれど何の意味もないような日々を繰り返していた主人公が死に直面し、死にたくない一心で必死で悪あがきをして生きようとする様、自分の居場所を築いていく様はその暴力的な描写の中でとてもリアルです。

また、あとがきの中で書かれていた娯楽小説、エンターテイメント的読み物への平山さんの解釈にすごく感動しました。

純文学か、娯楽小説か、ミステリーなのか、ホラーなのか。

そういった分類を隔てて柵を作り、はみ出しているものは評価しないという概念に一体どんな意味があるというんだろう。

2007年に「独白するユニバーサル横メルカトル」で有り難いことに推理作家協会賞短編部門と同年の「このミステリーがすごい!」国内部門で一位を戴いたのですが、その時の感想で最も多かったのが「これはミステリーではない」という指摘でした。「やはり平山はホラーの人間なのだ」という噂も耳にしました。しかし本来、エンターテイメント的読み物というのは、ホラー的な側面もミステリー的な側面も文学的な側面も、またSF的側面もすべて飲み込んでしまう巨大な器なのだと思うのです。
学校ではないのだから「これは理科」「これは算数」などという簡単な分類は物語にそぐわない、書き手が渾身の力を込めて打ち込める物語であったか否かだけが問われるべきではないでしょうか。その意味に於いて本作は総力戦で取りかかることのできた作品でした。
愉しんで戴ければ幸いです。

エンターテイメント小説でも、ライトノベルでも、携帯小説でも、それ以外でもジャンルはなんでも良いんだけど自分が好きなジャンルしか評価しないって価値感を持つことだけは避けたいなって思いました。



photo
ダイナー
ポプラ社 2009-10-23
売り上げランキング : 113063

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫) メルキオールの惨劇 (ハルキ・ホラー文庫) 他人事 (集英社文庫) 或るろくでなしの死 ミサイルマン (光文社文庫)

by G-Tools , 2012/11/05

PAGE TOP
Profile
name:Jose
sex:male
age:31
本を読んだり絵を描いたりホームページを作ったり文章を垂れ流すのが好きです。
お酒がほとんど飲めずたばこも吸えなくてギャンブルとか全然面白くない草食系で 笹とか食ってそーだよねって言われるのですがベースは熊ですのでお気を付け下さい。
information
このサイトは管理人がネット巡回中に見かけたおしゃれな雑貨、ショップのキャンペーン情報、読んだ本の感想の紹介をしているサイトです。
主に楽天市場内のショップ、amazon、Moma、AllAboutさん等のおしゃれな雑貨をまとめて紹介しています。

アフィリエイトプログラムを利用しており、実際の購入手続きに関してはリンク先のショップでお手続きして頂くようになりますので ご購入の際はリンク先で商品情報をご確認下さい。
Contact RSS